人にやさしくなるゲーム / Oink Games

『人にやさしくなるゲーム』は、クラシエ漢方セラピーが企画・開発し、オインクゲームズが監修・アートワークを担当し制作されました。体調不良のカードをおでこにあて、まわりの人からの優しい声がけをヒントに症状を当てる、やさしいゲームです。

■ゲームの遊び方
「人にやさしくなるゲーム」は、「体調不良の人」が「まわりの人」から声がけされる【セラピーワード】をヒントにして、自分の症状に気がつくことを目指すゲームです。

遊び方動画:https://youtu.be/kZALsLLPgw8

■「人にやさしくなるゲーム」のポイント
45種類の症状から答えを導き出せ!
「体調不良の人」はさまざまな症状が書かれた45種類の「症状カード」の中から1枚引いて、自分以外のプレイヤー全員に見えるようにおでこに当てます。「まわりの人」は、「体調不良の人」の「症状カード」を見て、「アプローチカード」に書かれた方法で【セラピーワード】をかけ、その症状に気づいてもらいましょう。

アプローチカードに応じてやさしい言葉をかけよう

「まわりの人」は、9種類のアプローチカードに基づいた方法で「体調不良の人」へ【セラピーワード】をかけます。アプローチカードには、「体験/共感」や「オノマトペ」「気遣い」などのほかに、上司や子供、恋人になりきって声をかける「なりきり」カードもあるため、様々なアプローチで声をかけてみましょう。ただし、【セラピーワード】をかけるとき、症状名が含まれる単語は使用できないので注意が必要です。

みんなで協力も良し、勝負するのも良し、自分らしい遊び方を見つけよう!

「体調不良の人」は、「まわりの人」がかけてくれる【セラピーワード】をヒントに、症状リストを見ながら、自分が持っている「症状カード」が何かを回答します。
回答できるのは1回だけです。「体調不良の人」が、自分の「症状カード」を当てることができたら、成功です。成功してもしなくても、「体調不良の人」は、「この人の言葉はやさしかったな」「症状にうまく気づかせてくれたな」と思う人に対して、セラピーチップを1枚わたします。「体調不良の人」の役を交代しながらこれを繰り返します。ゲームはみんなで協力するパターンと、勝ち負けをつけるパターンがあるため、好みのルールで遊んでください。

<商品詳細>
●セット内容:症状カード 45枚|アプローチカード 9枚|砂時計(およそ1 分) |症状リスト 6枚|セラピーチップ 9枚|遊び方説明書
● プレイ人数:2〜6人
● プレイ時間:約15分
● 対象年齢:10歳〜

<パッケージサイズ>
● 横幅:122mm|高さ:170mm|厚み:42mm

ゲームデザイン :クラシエ漢方セラピー
発 売 元:オインクゲームズ
製 造 元:博報堂プロダクツ


Oink Games ホームページ
https://oinkgames.com/
販売価格 3,630円(税込)
在庫状況 2